apple

【Apple Watch】今更比較レビュー 5ではなく4を購入した理由。

はじめに:Apple Watchを購入しました

こんにちは。先日、Apple Watchを購入しました。しかも、series5ではなくてseries4。

メルカリを利用して3万円ほどで購入。

巷では、series5とseries4の比較レビューがたくさん存在するが、Apple Watchを使ったことない方はきっと思うはず。

『結局、どれを買えばいいの?』

今回、僕がseries5ではなくseries4を購入した理由を、僕がApple Watchに期待している使い方を添えてお話していけたらと思う。

Apple Watchの購入を迷っている方の判断材料の一つになればと思います。

Apple Watchで『なにができるの?』

Apple Watchを実際に手にしたことのない人は、みんな思うことだと思う。僕も購入する前まで同じ疑問を抱いていた。

ネットの世界には、Apple Watchを使いこなしている人もいるが、僕はおそらく平均的な使い方をしていると思う。僕が実際にApple Watchを購入して便利だと思っている機能やアプリの使い方を紹介していきたい。

・アップルウォッチで利用しているアプリ・機能8選

1.Apple Pay ~手首に身につける財布~

一番使っている機能だと思う。iPhone7以降、Apple Payが利用できるようになりクレジットカードや Suica などをiPhoneに追加して利用している人も多いと思う。

僕がApple Watchで一番利用しているのは『Suica』だ。
毎日の通勤時、今まではiPhoneを改札機にかざして通過していたが、今は手首をかざすだけで通過できている。

改札の前でiPhoneを取り出し、タッチし、しまう。動作そのものは大したものではないが、日々積み重ねるこの動作を省略できるのは想像以上に病みつきになる。Apple Watchにも”エクスプレスカード”という機能が搭載されているのでiPhone同様、Suicaを使用するときにwalletを起動させる必要もない。

手首を改札機にタッチする動作は、慣れるまで苦戦すると思うがなれてしまえばスムーズに行えるので大きな問題にはならないだろう。

2.autosleep ~手首に身につける睡眠管理アプリ~

このアプリは日々の睡眠時間や睡眠状態をログとして記録してくれるアプリ。
就寝する際に、Apple Watchを装着しアプリを起動させる。起きたときには、一晩の睡眠を記録してくれている。

睡眠の記録画面

AutoSleepは、

  • 総睡眠時間
  • 深い睡眠時間
  • 良質な睡眠時間

の3つに分類したデータを計測してくれる。
その日の睡眠時間、睡眠の質を確認し、その日の生産性を対応付け

『自分は、日中どのような行動をしたときに睡眠の質が向上したのか』
『逆に、どのような行動をしたら日中の生産性が下がってしまうのか』

など、自分を管理する指標としてこのアプリを利用している。

appダウンロードはこちら

3.アラーム

純正のアプリ。特筆すべき点はないが、動作が安定していて愛用している。
Apple Watchのアラームの優れている点は、起こす際に『音がならない』という点だと思う。

Apple Watchはアラームが鳴る際に、手首をタップしてくれる。
この起こし方が、なんとも言えない感覚。
音がなる従来のアラームでは爆音が鳴り響き、びっくりして飛び起きる。そして、とても気分の悪い朝を迎えるということもザラだと思う。僕もその起き方だった。

Apple Watchを購入してからは、手首をトントンとタップされて目覚めている。
音のアラームのときは不快でしかなかったのに、いまではスムーズに起きることができている。
ぜひともこの感覚を体験していただきたい。

4.カレンダー

Apple Watchを購入してから、iPhoneのカレンダーに予定を入力することが増えた。
iPhoneに入力した予定を、Apple Watchから『カード』として予定を確認することができる。
この確認方法がとても見やすく気に入っている。

ただし、通知に関してはGoogleカレンダーのほうが細かく入力できるので実運用としては、

Googleカレンダーで入力
純正カレンダーアプリで予定を確認
予定時間になったらGoogleカレンダーより通知を受け取る

というような使い方をしている。
Googleカレンダーと純正カレンダーは連携できるので、Googleカレンダーに入力すれば常に動悸されているので二度入力の手間の心配はない。

5.music/spotify

実際の操作画面

普段から音楽を常に聴いている。選曲したいなと思う場面は幾度となく訪れるが、満員電車だと身動きが取れず難しい。

Apple Watch上のアプリを利用すれば、iPhoneを取り出すことなく『再生停止』 『音量調整』 『選曲』など、音楽視聴に必要な操作を手首で完結することができる。

混雑時にはとても重宝する機能の一つだ。

6.駅すぱあと

これは、電車の経路検索アプリ。UIも至って普通のアプリ。
Yahooなどの経路検索アプリのほうが無料で使える機能が多い。Apple Watchを使用していない人に、おすすめの経路検索アプリは?と聞かれれば『Yahoo!』がいい。と答えるだろう。
では、なぜ僕がこのアプリを利用しているかというと、

移動中の画面

このように、Apple Watch上に経路を表示してくれるのだ。
電車の中での利用回数が多い検索アプリ。都心に行けば、必ず満員電車に遭遇することもあるだろう。

そんなときに、手首に経路が表示されているのは確認のしやすさ。という観点で大きな強みになっていると思う。

appダウンロードはこちら

普通の時計で良くない?

ここまで読んでくださった方は、ある程度『Apple Watch』に興味を持っている方だと思う。
ただ、やっぱり自分自身がApple Watch購入して実際使うのかな。と、疑問に思う方も多いと思う。

そこで、独断と偏見でおすすめな人、そうでない人の特徴をさらっと紹介したい。
※あくまで個人的な意見

おすすめできる人
  • Apple好き
  • iPhoneユーザー
  • 腕時計にステータスを求めない人
  • 腕時計をつける習慣がない人
  • 自分の生活リズムを記録したい人
・おすすめできない人
  • Androidユーザー
  • 時計にステータスを求める人
  • 職場でウェアラブル端末の使用を認められていない人

ざっくりだが、こんなところだろうか。
やはり、一番オススメできるかできないかのラインでは

『時計にステータスを求めるか求めないか』

という点が大きいと思う。

Apple Watchは決して安いものではない。最安モデルでも4万ほど、高いモデルは10万円ほどになる。小型な端末として高いデバイスだが、それはあくまでデバイスとして。

腕時計というジャンルで見るとそこまで高いものではないのだ。
特に腕時計をステータスとして考える人にとっては、Apple Watchでは物足りなさを感じるかもしれない。そのような点でおすすめできない。

腕時計をつける習慣がない人は?

おすすめできると思う。腕時計をつける習慣がない人は『腕になにかつける』ことを嫌う人と、『時間はスマホ。必要性を感じない』という人の2パターンに分かれると思う。

前者は感覚の問題なので慣れてもらうしかないが、後者の方は腕時計を「時間を確認するだけのデバイス」としてだけ認識しているから必要性を感じていないのだと思う。

つまり、Apple Watchを身に着けてからその機能に魅了され『腕時計をつける習慣ができた』ということは往々にして起こり得ると思う。(実際に、僕の周りの友人にもそのパターンは存在した)
とにかく、いま身につけいている腕時計が

こだわり抜いた一品。

というわけでないのならぜひ試してもらいたい。

充電しなきゃなんでしょう

Apple Watchは電子機器なので、充電が必要。
時計なのに充電しなくてはいけない。というハードルで購入に踏み切れない人も居ると思う。

『時計』と思うから充電が億劫になる。『デバイス』と考えれば充電が必要なのは至極当然だろう。一度、ルーティンを確立してしまえば特に手間と

どれくらい充電がもつのか

無理すれば2日持つ。安心するためには毎日の充電が必要。

使用頻度によるが、『基本的に時間を確認するだけ』の用途で使用していれば一日の終りに40%~50%ほどのバッテリーが残っている。

僕は睡眠中もApple Watchを着用しているので、基本的な充電のタイミングは以下の2つ。

  • ①帰宅後、就寝するまでの間。
  • ②起床後、家を出発するまで。

①帰宅してから充電を開始し、寝る前には100%になる。
その状態から着用して就寝し、朝起きる頃には90%ほどになっている。
それを②で100%にしてから外出する。

というルーティンだ。
繰り返すが、
習慣化してしまえば充電は苦にはならない。

買うならやっぱり5?

Apple Watchもシリーズを重ね、主な選択肢になるのは『series3』『series4』『series5』の3つが濃厚だろう。

個人的には、 このラインナップでは『series4』がおすすめ

『series4』 が発売されたとき、 『series3』 から大きく以下の点が変わった。

  • ディスプレイサイズの拡大により視認性の上昇
  • ボディが薄くなった事により腕に馴染むようになった
  • 総じて、ファッションアイテムとしてのポテンシャルが上がった

一方、 『series4』から『series5』にアップデートして大きく変わった点としては以下の点だと思う。

  • 常時点灯になった

以上の点で、 『series4』 で事足りると感じ、 『series4』 を購入した次第だ。

実際問題、困っていることはない。

常時点灯をどうしても使用したい人以外は、 『series4』 を選択しておけば問題ないだろう。

まとめ

Apple Watchとは
 自分のことを管理してくれる執事を一人雇ったような感覚。
 いなくてもいいが、いると生活する上でちょっと便利になるアイテム。

おすすめできる人、できない人
 Appleデバイス(特にiPhone)を使用していて、腕時計にステータスを求めていない人
 みんなにおすすめしたい。

充電はあまり気にならないよ
 充電は、最初のうちは億劫に感じるかもしれないがすぐに慣れます。
 慣れです。

4でいいと思うよ
 おそらく、Apple Watchの購入を現段階で検討している人は薄々感じているかもしれないが。
 series4で良いです。
 もう一度いいます。

 series4でいいです

今、ちょうど年始セールがAmazonで開催中!!!
その中にApple Watch series4がありました!!!!チェックしてみてください!!!!

Amazon Apple Watchリンク

最近、僕が購入した充電器周りガジェットについて紹介してた記事もあるので合わせてチェックしてみてください!!!

【2020年最初のビッグセール】Amazon初売りで買ってほしい。おすすめ充電周りガジェット3選

ここまで読んでくださってありがとうございました。

だーさん

ABOUT ME
だーさん
埼玉県在住 某IT企業3年目 ガジェット モノ カメラ 楽器が好き 好きなガジェットやモノ、暮らしのノウハウなんかを 紹介していきます。