ガジェット

【Satechi X1レビュー】お試しで買ったキーボードが想像以上に良かった

こんにちは。だーさん( [@sakolog_info])です。

キーボードにこだわりはありますか?

JIS配列やUS配列といった配列の違い。メカニカルスイッチ、パンタグラフスイッチといったスイッチ部の構造の違い。また、見た目やデザインにこだわる方もいると思います。

僕もキーボードにこだわっていて、変態キーボードと呼ばれているHHKBを使っています。

created by Rinker
HHKB
¥36,850
(2024/07/14 02:33:35時点 Amazon調べ-詳細)

もともとJIS配列のHHKBを使っていました。
が、ふとしたことからUS配列の魅力に惹かれていきました。

プログラマーやライターなど。文字を多く書く(キーボードを多用する)人たちはみな口を揃えてUS配列キーボードを激推ししてきます。

購入するなら、入力デバイスとして妥協したくないので打鍵感に惚れているHHKB。
しかし、定着するか不安もありなかなか踏み切れずにいました。

お試しUS配列キーボード探しの旅をしているさなか、色々比較検討してたどり着いたのが、SatechiというブランドのスリムX1というキーボードでした。

僕がなぜSatechiのキーボードを選択したのか。理由をを紹介していくので、ぜひ最後までお付き合いください。

だーさん
だーさん
イケメンなキーボードを購入してしまった。。。

こんな人に読んでほしい!
・US配列の外付けキーボードを検討している人
・まだUS配列キーボードを試したことがなくて何を買っていいかわからない人
・定着するかわからないからU1万円で探している人
・どうせ買うなら見た目もこだわりたい!シンプルなデザインが好きな人
・Appleのプロダクトデザイン・ミニマルデザインが大好きな人
・Mac Windows 両方とも使用したい人

Satechiブランドの紹介

そもそもSatechiとはどんなブランドなのか。
US配列までにキーボードをこだわる人はすでにご存知かもしれないがご紹介。

Satechiってどんなブランド?

Satechi Official Site

Satechiは、元Google社員が立ち上げたブランドでアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴに本社を置く、パソコン・スマートフォン周辺機器メーカー。

Appleに通じるデザイン性の高さが、その特徴だ。そのデザイン性の高さから、Satechiの製品は、Apple公式でも取り扱いがあるというのが最大の魅力です。

Satechiの製品ラインナップの特徴

商品ラインナップ

USBハブや、ハブスタンド。充電器やケーブル。
更にはキーボードやマウス。その他PCスタンドなどのアクセサリーなどがラインナップとして掲げられている。

いずれもデザイン性が高く、PC周辺アイテム特有の無骨さが無くスタイリッシュなのが特徴。

なぜSatechiを選んだの?

Satechiの紹介はここまで。

僕がUS配列キーボードを探すうえで、条件としたのは以下

  1. 見た目・打鍵感・携帯性
  2. 打鍵感が心地良こと
  3. Windows・Mac両対応であること
  4. 定着しなかった際に痛手にならない程度の価格帯であること

それぞれ見ていこうと思います。

見た目がかっこよく・打鍵感が心地良こと・持ち運びできること

かっこいい…

まず自分の持ち物で一番重要視していること。

どんなにいいものでも、持っていて使っていてテンションが上がらないデザインだとどうしても使わなくなってしまう。

US配列が定着する前に使わなくなってしまっては元も子もない。

シンプルデザイン・ミニマルデザインに目がない僕だが、かなりスタイリッシュで良い。

めちゃくちゃ薄い

またUS配列が定着し、本命のHHKBを購入した際にこのキーボードを使わなくなるのはもったいない。薄型であれば外用キーボードとして利用用途が生まれると思い携帯性の高いキーボードを探していた。

Windows・Mac両対応であること

自分は、自宅用はMacを。会社ではWindowsを。

このようにOSを使い分けている。
(厳密には会社がWindows指定なのでWindowsを使っている状態)

そのため、Mac専用のUS配列キーボードを購入してしまうと、せっかく定着しても結局仕事ではJISを使うというチグハグになってしまう。

定着しなかった際に痛手にならない程度の価格帯であること

最後にこれ。

新品定価でおよそ1万円と高価ではあるが、上記の条件を満たすUSキーボードは軒並み2万円後半〜と高い。

その中でもSatechiは安価な方だということに驚いた。

また、最悪メルカリで¥5,000ほどで取引されていることから定着しなかった場合にも¥4~5,000ほどの出費ですみ勉強代としては許容できると考えた。

実際に使ってみて

有線接続しながら充電もできる

想像以上に良かった。

今は有線接続をしながら、Windows・Macと切り替えて利用している。

HHKBのときには接続を切り替える際に、物理スイッチでモード変更していたがそれが必要ないのが想像以上にストレスフリー。

打鍵感も良好。

オンオフスイッチ

BluetoothでスマホやiPad、PCと切り替えて使用している。
大満足。

US配列にも慣れてきてソースコードを書く際にも便利に利用できています。

US配列が肌に合うことを確認したらHHKBを早々に購入するつもりだったが、しばらくメインキーボードとして使っていこうと思います。

購入してよかった。

かっこいいキーボード。薄型キーボード。探している方はぜひともチェックしてみてください。

だーさん
だーさん
まだ購入したばかりなので、しばらく使用して改めてメリットデメリットについてお伝えできたらな!と思います

では。

ABOUT ME
だーさん
埼玉県在住 某IT企業4年目 ガジェット モノ カメラ 楽器が好き 好きなガジェットやモノ、暮らしのノウハウなんかを 紹介していきます。